信貴芳則による2013年岸和田市長選200万円受け渡し問題の経緯

2013年11月24日投票が行われた岸和田市長選において初当選した信貴芳則が自民党推薦を得るために関係者に200万円の現金を渡していた問題

コンテンツ

20139.26
信貴芳則が自民党推薦は受けられないまま岸和田市長選出馬の意向を固める[1]
201310
自民党の推薦を得るため、話を持ちかけてきた自民党岸和田支部組織部長の日田孝志に現金200万円を2回に分けて渡す
201310.4
日田は堺市内料亭で自民党党大阪府第18選挙区支部長の神谷昇に現金100万円を渡す
201310.30
日田は大阪市内の鰻店で神谷に100万円渡す
神谷はこれらの200万円の受け渡しについては否定
201311.4
信貴への自民党推薦が自民党岸和田支部でまとまる[2]
201311.11
自民党府連が推薦決定[2]
201311.17
任期満了に伴う岸和田市長選告示
201311.24
自由民主党、民主党、連合大阪の推薦で岸和田市長選挙に初当選
201312
選挙運動費用収支報告書、関連政治団体の政治資金収支報告書には未記載
信貴は「急な出馬で忙殺され、失念していた」と釈明
201711.26
連合大阪の推薦で岸和田市長選挙に再選
201711.27
2013年の市長選で自民党関係者に推薦を得るため200万円を提供したと公表
201712.12
辞職し、出直し選挙に出馬意向
20181.24
百条委員会で日田が神谷に現金200万円を手渡したと証言[3]
20182.4
出直し岸和田市長選の結果、元府議永野耕平氏が当選[4]
前市長信貴氏は敗因について「私にはわかりません」とコメント。

ソース

キーワード

選挙

SNSで共有