旧優生保護法下で強要された不妊手術に対する損害賠償請求訴訟

本人の同意なく旧優生保護法の元で不妊手術を強要された女性が国に対して訴えを起こしました。今考えれば恐ろしいことにこれは当時合法でした。

コンテンツ

旧優生保護法とは
下記目的のために優生手術・人工妊娠中絶・受胎調節の実地指導などについて規定[1]
  • 優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する(病気や障害をもつ子どもが生まれてこないようにする)
  • 母性の生命健康を保護する[2]
施行期間
1948年~96年
法のもとに不妊手術を施術された対象者数
約8万4千人(その内約1万6500人は同意なく不妊手術を強要)
訴訟内容
原告
知的障害がある60代の女性
概要
15歳の時に不妊手術を強要され、それが原因で卵巣摘出せざるを得ず、縁談も破断
賠償額
1100万円
争点
幼児期に受けた手術時の麻酔により障害が残ったが(後天的な障害)、不妊手術を施術された際は「遺伝性の精神薄弱」として申請されていた
つまり、本来は優生保護法の下による不妊手術は当時合法であったが、原告はその対象者では無かった。
厚生労働省の対応
「訴状が届いていないのでコメントはできない」

ソース

キーワード

医療

SNSで共有

  • Time Flow

    争点はそもそも原告は不妊手術対象者では無かった疑い。