YouTubeパートナープログラム基準厳格化

不適切動画に対する広告掲載に対してYouTubeは2月20日から広告収入支援「YouTubeパートナープログラム」の基準厳格化を発表

コンテンツ

原因
不適切動画への広告掲載に批判
  • 人種差別
  • イスラム過激派礼賛
  • 公序良俗違反
新基準
過去12か月間の総再生時間が4000時間以上
チャンネル登録者数が1000人以上
その他の対策
不適切動画対策
  • 機械学習による問題コンテンツ検出システムの強化
  • 人の目で判断するレビュアーチームを1万人以上採用

ソース

キーワード

YouTuber

関連

SNSで共有

  • Time Flow

    広告を掲載する側の立場にもなって欲しいわけです。