2017年Natureが選ぶ今年の10人

科学雑誌Natureが2017年を振り返り、重要人物10人を選出

コンテンツ

デイヴィッド・リュー(生物学者)
新しい遺伝子編集ツールを開発
マリカ・ブランチェシ(天文学者)
世界各地の天文学者を取りまとめて中性子星合体の大規模な直接観測に貢献
エミリー・ホワイトハイド(生き証人)
CAR(キメラ抗原受容体)治療により白血病が完治した少女
スコット・プルイット(米環境保護局長官)[1]
米国環境保護庁を解体して地球温暖化に貢献
パン・ジャンウェイ(物理学者)
人工衛星と地上の間の量子通信を成功
ジェニファー・バーン(遺伝学者・開発者)
不正論文摘発ソフトの開発
ラッシーナ・ゼルボ(包括的核実験禁止条約機関責任者)
核実験情報の世界共有システム開発
ヴィクトル・アチェンツァ(地震学者)
メキシコ大地震の揺れの傾向をモデルで正確に予想
アン・オリバリウス(弁護士)
学術機関でのセクハラ問題に立ち向かう
Khaled Toukan(物理学者)
20年かけて情勢不安な中東で初のシンクロトロン稼働に導く

ソース

キーワード

Nature

SNSで共有

  • Time Flow

    「(悪)影響を与えた人物」としてスコット・プルイット米環境保護局長官が選出されました。