大阪大学が幅広い可視光を利用可能とする光触媒の開発に成功

大阪大学産業科学研究所の真嶋哲朗教授らグループは、従来より大幅に高効率な水の水素と酸素に分解する光触媒の開発に成功したことを発表 ので発表された人工光合成

コンテンツ

これまでの光触媒
特徴
  • 太陽光の3~4%の紫外線を利用するため、水から水素への太陽光エネルギー変換効率が低い
  • 反応に犠牲剤、バイアス電位が必要
新しい光触媒の特徴
光触媒の構成
  • 700~1300nm程度の波長を吸収する黒リン
  • 400~nmの波長を吸収するバナジン酸ビスマス
特徴
  • 可視光の照射で水を水素と酸素に完全分解可能
  • 犠牲剤、バイアス電位は不要
  • 高価なコバルト触媒不要

ソース

キーワード

人工光合成

関連

SNSで共有